プロミスの限度額はいくら?

今回は、プロミスの限度額について詳しく説明していきたいと思います。

>>> 限度額の実情

お借入金額の限度額は、一般的には、パート、アルバイトのかたで30万円というのが相場です。


普通にお勤めのかたですと、お借入の限度額は、年収300万円のかたで100万円、年収500万円で165万円程度が相場となります。
お気づきかと思いますが、法律上、お借入の限度額は、年収の3分の1までと原則、決まっています。


昨今の経済状況などで、お借入する金額が多い方が増え、自己破産するケースが急増したため、しっかりとした法規定が必要である、と政府が判断し法整備がなされたことによります。

但し、利息がいくらになるかはしっかりと把握する必要があります。
お利息は、お借入額の6.3%から17.8%が適用されます。
実際の計算方法は、次のような式となります。

お利息 = ご利用金額 × 借入利率 ÷ 365日 × ご利用日数

具体例を挙げると、17.8%で10万円を30日間利用した場合ですが、
お利息 = 100,000円 × 0.178 ÷ 365日 × 30日
で1463円
となります。

プロミスでは、限度額によらず、
・お借入金額が50万円を超える
・他社とのご利用残高の合計が100万円を超える

の場合、収入を証明する書類が必要になります。

収入を証明する書類としては、
・最新の源泉徴収票
・最新の確定申告書
・最新2か月分の給与明細書とあれば1年分のボーナス明細書

のうちの1つをご提示いただくことになります。

>>> リボルビングシステムの活用

お借入限度額よりも少ない借入をご希望される場合は、リボルビングシステムを利用することをお勧めします。

リボルビングシステムについて説明します。
あなたのお借入限度額が仮に40万円と審査されたとします。
つまり、あなたは、40万円までお借入することができます。

しかし、40万円のお借入は必要ないので、20万円のみお借入することにしました。

このとき、20万円分が追加でお借入可能な額となります。
なぜかというと以下の式を見て頂くと理解できるかと思います。

・40万円(お借入限度額)−20万円(お借入額)=20万円(追加でお借入可能額)

そして、期日までに10万円返済したとします。
すると、お借入額は、次のようになります。

・10万円(お借入額)=20万円(以前のお借入額)−10万円(返済額)

そうすると、追加でお借入可能額は、30万円となります。

・40万円(お借入限度額)−10万円(お借入額)=30万円(追加でお借入可能額)

このように、お借入限度額の範囲内で、借入額を返済の金額とタイミングでうまく調整することができるのです。

>>> お借入の限度額の変更

お借入の限度額を変更したい場合は、別途審査が必要となります。
基本的には、法律上、年収の3分の1までが、お借入の限度額となっています。

お借入の限度額変更は、
・「会員サービスログイン」
からカード番号、カード暗証番号を入力して実行ボタンをクリックします。

ログイン後に
・「限度額変更申込」
からお申込みください。

50万円を超えるお借入の場合は、「限度額の実情」でも説明したとおり、
収入証明書が必要となります。

追加のキャッシングは、法律上の年収の3分の1までとされている限度額までは、すぐにお借入できます。 インターネット、電話、口座振込、ATM、店頭窓口でご利用可能です。